FOREST SYMPHONY

Ryuichi Sakamoto + YCAM InterLab

フォレスト・シンフォニー
坂本龍一+YCAM InterLab

インスタレーション展示
7月26日|金| – 3月2日|日|
山口情報芸術センター
[YCAM] ホワイエ



10:00–19:00
火曜休館 入場無料

*展示会場はオープンスペースとなっているため, 他イベント開催時は, 当作品を体験できない時間帯があります。詳細はWebサイトご確認下さい。

オープンソース公開

http://interlab.ycam.jp/projects/forestsymphony

YCAMで取得している, 日本国内5カ所,
海外3カ所, 合計24本の樹木の生体電位データを,
誰でも利用可能なデータとして公開を行っています。
また、オープンソースのハードウェアとして、
YCAM InterLabが主体となり開発した、
「アンプシールド」の設計図, 部品リスト,
ガーバーデータを公開しています。

Arduino用シールド「アンプシールド」は、
樹木の生体電位を計測するために開発したもので、
本プロジェクトではすべての樹木の
データ収集に, 同様のシールドを用いています。
また、数量限定で, アンプシールドの販売も
行っています。

詳細は, YCAM InterLab公式ウェブページ
(上記URL)をご覧ください。

インフォグラフ

http://forestsymphony.ycam.jp/graph

インスタレーション展示と連動したウェブコンテンツ
を, Forest Symphony公式ウェブページ
(上記URL)にて,公開中です。

世界各地にある樹木の電位データを元に
坂本龍一が音楽を制作。電位データに合わせて,
各地域の樹木が生息する環境情報を
高谷史郎によるビジュアル・ディレクションにより,
音楽と樹木の関係を視覚的に表現します。


Ryuichi Sakamoto
Photo by Atsushi Tanabe

ディレクション/音楽:坂本龍一

テクニカル・ディレクション
研究開発:YCAM InterLab

テクニカル・アドバイザー:矢坂健司

ビジュアル・ディレクション:高谷史郎

ビジュアル・デザイン:南 琢也
ビジュアル・プログラミング:真下武久


主催:山口市,
公益財団法人山口市文化振興財団
後援:山口市教育委員会
平成25年度文化庁地域発・
文化芸術創造 発信イニシアチブ
協賛:
協力:一般社団法人 モア・トゥリーズ,
出雲神社(山口市徳地堀),
熊野神社(山口市熊野),
諸塚村(宮崎県),
札幌メディア・アーツラボ [SMAL](北海道),
MIT メディアラボ(アメリカ),
SymbioticA
ウェスタン・オーストラリア大学(オーストラリア),
アコシュ・マローイ(ハンガリー)
Design Terminal (ハンガリー)
基板設計・制作:株式会社センシグナル
共同開発:YCAM InterLab
企画制作:山口情報芸術センター[YCAM]

「木は光合成によって太陽光をエネルギーに
換える, つまり電磁波をとらえる天才。
その周期性を音楽にしてみたい」―坂本龍一

森林や樹木の存在に深い興味を抱いてきた
坂本龍一が, 東日本大震災以降,その関心を
具体的な芸術表現として示したプロジェクト
「Forest Symphony(フォレスト・シンフォニー)」。
森林をはじめとした人類が生きる環境に目を向ける
ことを意図して構想された「Forest Symphony」
を, 山口情報芸術センター[YCAM]の
YCAM InterLabとのコラボレーションにより
技術開発を進め, アートプロジェクトとして
インスタレーションやウェブサイトで公開します。

本プロジェクトでは, 樹木の生体電位を計測
する機器を開発し, 取得されたデータを
集積・解析, 坂本龍一が音楽へと変換,
世界各地に存在する森と, 樹々から奏でられる
音源をもとにシンフォニーを構想します。
YCAMでは, インスタレーション作品を展示する
ほか,世界各地からデータを集めることを
目的として, 樹木から電位を取得するための
ツールキットを希望者が入手できるよう,
オープンソースとして公開します。この取り組みは,
鑑賞者の関心を森林環境へと促すばかりでなく,
樹木の生体電位から生成した音楽を使用した
空間表現の可能性を追求するものです。
本プロジェクトはYCAM10周年記念祭の
メインテーマ「〈アート〈環境〈ライフ〉」を
最も体現するもので, アーティスト, エンジニア,
研究者, 市民コラボレーター, 林業関係者,また
世界各地のユーザーなど, 多くの参加者,関係者
を巻き込んだプロジェクトとして展開します。

日本:
出雲神社(山口市徳地堀)
熊野神社(山口市熊野)
諸塚村(宮崎県)
札幌メディア・アーツラボ[SMAL(北海道)

アメリカ:
MIT メディアラボ

オーストラリア
SymbioticA ウェスタン・オーストラリア大学

ハンガリー
アコシュ・マローイ
Design Terminal

ディレクション/音楽:


坂本龍一

音楽家。52年生まれ, 米国ニューヨーク州在住。
78年『千のナイフ』でデビュー, 同年YMOに
参加。YMO散開後, 数々の映画音楽を手がけ,
作曲家として米アカデミー賞を受賞するなど
世界的な評価を得つつ, 常に革新的なサウンドを
追求している。07年には「more trees」を設立し,
温暖化防止についての啓蒙や植樹活動を行う。
11年東日本大震災復興支援プロジェクトとして,
「LIFE311 by more trees」
「こどもの音楽再生基金」
「www.kizunaworld.org」
など, さまざまな活動を続けている。

テクニカル・ディレクション/研究開発:


YCAM InterLab

InterLabは, 山口情報芸術センター[YCAM]に
附属する研究開発チーム。主にYCAMが
委嘱作品として発表するインスタレーション作品や
パフォーミングアーツ作品などの技術的な開発を
おこなっている。また, これに関連してメディア
テクノロジーを芸術表現へ応用するための研究も
おこなっており, 国内外から研究者を招聘する
共同研究などにも積極的に取り組んでいる。

テクニカル・アドバイザー:


矢坂健司

有限会社シネティクス取締役兼エンジニア。
Webシステムの開発構築, サーバーの
管理/監視を主な業務としつつ, 時々サウンド
インスタレーション用Max/MSPパッチ制作や
音響制作を手がける。1998年International
Computer MusicConference作品入賞。
2008年 utp_音響制御プログラム制作,
2009年 国立西洋美術館
TOUCH THE MUSEUM開発。

ビジュアル・ディレクション:


高谷史郎

63年生まれ。84年, アーティストグループ
「ダムタイプ」の創設時から活動に参加。
ビジュアルワークを総合的に担当し, 現在は
ディレクションに関わる。主な個人の活動としては,
99年, 坂本龍一のオペラ『LIFE』の映像担当。
07年, 坂本龍一とのコラボレーションによる
インスタレーション『LIFE - fluid, invisible,
inaudible...(山口情報芸術センター)
を制作。08年, パフォーマンス『明るい部屋』を,
12年, パフォーマンス『CHROMA』を発表。

YCAM10周年記念祭
“THE OPENING LIVE CONCERT”


7月26[金18:30開場/19:00開演
会場:YCAM スタジオA

出演:坂本龍一
上野耕路
テイラー・デュプリー
ILLUHA

チケット発売日:一般販売6月9[日
any会員先行予約6月1[土

「Forest Symphony」インスタレーションを
用いた坂本龍一によるパフォーマンスのほか,
豪華出演者によるコンサート。

Ryuichi Sakamoto
phoyo by Atsushi Tanabe
Koji Ueno
Tayler Deupree
Photo by Marcus Fischer
ILLUHA

Forest Symphony
インスタレーション展示
ギャラリーツアー

8月3[土, 17[土
9月毎週土曜日
11月9[土, 23[土, 30[土
各回 15:30−

専門のスタッフとともに作品を体験しながら,
鑑賞のポイントを発見し, 参加者同士で
ディスカッションするギャラリーツアー。

アクセス

〒753-0075 山口県山口市中園町7-7 TEL. 083-901-2222 FAX. 083-901-2216 E-mail. information@ycam.jp http://www.ycam.jp/

Installation:
26 July Fri. – 2 March Sun.
Yamaguchi Center for
Arts and Media [YCAM] Foyer


10a.m.–7p.m.
Closed Tuesdays
Free admission

Sensor device, Data
Open source release
26 July Fri. now release

http://interlab.ycam.jp/projects/forestsymphony

In this Forest Symphony project,
YCAM InterLab has developed
the Arduino shield "amplifier shield" to
measure the bioelectric potential of the trees.
Detailed information for the amplifier shield
circuit diagram, parts list and Gerber format
data are now published and available over
at YCAM InterLab official website
(see above URL).

And we will be selling this exact amplifier
shield that we used to gather tree data for
Forest Symphony project at a limited quantity.

Infograph
26 July Fri. now release

http://forestsymphony.ycam.jp/graph/

Online contents linked to the installation
exhibition are now released on
the official website of Forest Symphony project
(see above URL.)

Ryuichi Sakamoto produced music on
the basis of bioelectric potential data
gathered from trees around the world.
In line with this potential data,
environmental information of each forest is
added and the tree’s data conversion to music
is then presented visually as an installation
in YCAM under the visual direction of Shiro Takatani.


Ryuichi Sakamoto
Photo by Atsushi Tanabe

Direction, Music:
Ryuichi Sakamoto

Technical Direction / Research and Development:
YCAM InterLab

Technical Advisor:
Kenji Yasaka

Visual Direction:
Shiro Takatani

Visual Design: Takuya Minami
Visual Programming: Takehisa Mashimo

Organized by Yamaguchi City,
Yamaguchi City Foundation for
Cultural Promotion
In association with
Yamaguchi Board of Education
Supported by the Agency for
Cultural Affairs Government of
Japan in the fiscal 2013
Cooperate sponsored by
Cooperated by
more trees Intermediary organization,
Izumo Shrine (Yamaguchi),
Kumano Shrine (Yamaguchi),
Morotsuka Village (Miyazaki),
Sapporo Media Arts Lab [SMAL] (Hokkaido),
MIT Media Lab (USA),
SymbioticA The University of
Western Australia (Australia),
Ákos Maróy (Hungary),
Design Terminal (Hungary),
circuit board design, production:
Sensignal Co.,Ltd.
Co-developed with YCAM InterLab
Produced by Yamaguchi Center for
Arts and Media [YCAM]

“Trees convert sunlight to energy through
photosynthesis, meaning they are a genius
at capturing electromagnetic waves.
I want to turn that nature’s cycle into music.”

Ryuichi Sakamoto



Sakamoto had always been deeply in-
trigued by forests and trees…following the
Great East Japan Earthquake, this intrigue
transformed into a concrete form of artistic
expression; the Forest Symphony project.
Forest Symphony spurred from the idea of
shifting human eyes to the forest and the
environment which man lives in.
The project and its technical development
efforts are being undertaken in collaboration
with the YCAM InterLab of the Yamaguchi
Center for Arts and Media [YCAM] and its
outputs will be presented as installations
and on the website as an art project.

This project has developed an original de-
vice dedicated to measuring the bioelectric
potential of trees, working around the
concept of taking this gathered data and
Sakamoto converting it to music;
a symphony played by trees in forests from
around the world. In addition to its exhibition
as an installation, the purpose of this pro-
ject is to gather worldwide data and YCAM
has opened the initiative to the public as
an open source so that tool kits for gathering
trees’bioelectric potential can be delivered
to those wishing to collaborate.

JAPAN:
Izumo Shrine, Yamaguchi
Kumano Shrine, Yamaguchi
Morotsuka Village, Miyazaki
Sapporo Media Arts Lab [SMAL], Hokkaido

USA:
MIT Media Lab

AUSTRALIA:
SymbioticA The University of Western Australia

HUNGARY:
Ákos Maróy
Design Terminal

Direction / Music:
Ryuichi Sakamoto

Musician. Born 1952, currently lives in
New York, USA. Released his first album
“Thousand Knives” in 1978, and joined
the band YMO in the same year.
After the breakup of YMO, he composed
numerous movie soundtracks and
other Academy Award-winning works that
established him as an internationally
renowned artist who keeps pursuing
an innovative sound. Launched “more trees”
in 2007, and took part in forestation projects
and educational activities on the prevention
of global warming. He continue to be involved
in numerous activities and projects that
support recovery from the Great East Japan
Earthquake in 2011, such as “LIFE311 by
more trees”, “Kodomo no ongaku saisei kikin
(School Music Revival)” and
“www.kizunaworld.org” among others.

Technical Advisor:
Kenji Yasaka

Director and Engineer of Synetics Ltd.
Mainly working on web system development
and server admin/maintenance, He has also
programmed and design the sound for some
of the installation pieces using MAX/MSP.
One of his sound composition work
was selected at international computer music
conference 1998. other credits include:
developed sound control program for utp in
2008 and developed iOS museum application
“TOUCH THE MUSEUM” in 2009.

Technical Direction / Research and Development:
YCAM InterLab

YCAM InterLab is an R&D team affiliated
with the Yamaguchi Center for Art and Media
(YCAM.) YCAM InterLab is mainly involved
in development of installations and performing
arts commissioned by YCAM. The team also
researches the possibility of applying such
media technology in artistic expression while
also being actively involved in joint researches
with experts from Japan and overseas.

Visual Direction:
Shiro Takatani

Born 1963. One of founding member of
artist group “Dumb Type” in 1984.
Responsible for visual works in general and
currently dedicated to visual direction.
Main solo works include visual direction
of 1999 opera “LIFE” by Ryuichi Sakamoto.
Production of installation “LIFE-fluid,
invisible, inaudible…” in collaboration with
Ryuichi Sakamoto (YCAM.)
Announced performance, “La Chambre Claire”
in 2008 and “CHROMA” in 2012.

YCAM 10th Anniversary
“THE OPENING LIVE CONCERT”


6:30p.m. Open | 7:00p.m. Start
26 July Friday
Venue: YCAM Studio A

Performers:
Ryuichi Sakamoto,
Koji Ueno,
Taylor Deupree,
ILLUHA

Tickets on General sale: 9 June
Advanced Reservation for
“any” membership: 1 June

Ryuichi Sakamoto’s performance at
the “Forest Symphony” installation and
Live Concert with special guests.

Ryuichi Sakamoto
phoyo by Atsushi Tanabe
Koji Ueno
Tayler Deupree
Photo by Marcus Fischer
ILLUHA

Forest Symphony Installation
Gallery Tour


3:30p.m.
3 and 17 August
Every Saturday in September
9, 23 and 30 November

Access

Yamaguchi Center for Arts and Media 7-7 Nakazono-cho, Yamaguchi, 7530075 JAPAN TEL: +81-83-901-2222 FAX: +81-83-901-2216 e-mail:information@ycam.jp URL:http://www.ycam.jp/